自己破産や時効について弁護士事務所に相談

借金が返せなくなったという多重債務者の相談は少なくありません。
金銭トラブルに関する相談先としては、弁護士事務所等が専門となってますが、相談に行くとその人の借り入れ状況を見て、自己破産をするか、任意整理をするか、個人民事再生にするかといった方針を示してくれます。


ちなみに、自己破産というのは借金を全額免除してもらい、任意整理は裁判所を通さずに弁護士事務所と債権者とで話し合いをして分割払いの契約をする方法です。

個人民事再生というのは借金の一部を返済することで、残りを免除してもらう方法ですが、住宅ローンだけは全額払うことで家を残すことができます。

通常はこの三つのいずれかで最適と思われる方法をとることになりますが、自己破産の場合は条件が厳しくなっていますので、ある程度支払いをしなければならない残り二つの方法になる可能性もあります。

1人1人に合った債務整理の情報ならこちらで掲載されています。

なお、借り入れをしてから一定期間請求もされずに放置になっている借金の場合には、時効が成立している可能性もあります。



このとき、借り入れがあることを認めたり、1円でも支払うと時効が中断してしまいますので、忘れたころに請求が届いた場合には、相手に連絡をとるよりも先に弁護士事務所に相談したほうが良いでしょう。


場合によってはそれまでの借金の残額が消えてしまう可能性があります。



目安としては、大体最終の借り入れもしくは支払いがあった日から、5年程度です。
但し、判決を取られているときはこの限りではありません。